耐震・免震・制震住宅

理想の家づくりのために...藤井寺の注文住宅業者を比較!

耐震受託、免震住宅、制震住宅…これってどう違うのでしょうか?

どれも災害に備える建築構造ですが、それぞれの違いをご存じない方も多いはず。
よく目にするこの3つの言葉を解説していきます。

耐震?免震?制震?

3つの構造の違い。
答えは、「振動エネルギーが伝達するのを、どう防ぐか」、これが違うんです。
では具体的に説明していきましょう。

耐震

建物の構造自体(壁、柱など)を強化。
振動エネルギーを建物自体で受け止め、耐えることで伝達を防ぐ。
建物に強度はあるが、振動は中に伝わる。

免震

免震装置を地面と建物の間に入れる。
それが振動エネルギーを吸収、伝わるのを防ぐ。
建物が地面から切り離されているため、揺れ・建物のダメージともに非常に少ない。

制震

ダンパーという振動軽減装置などを、壁・柱・屋上に設置。
揺れを制限する。装置の種類や数によるが、伝わる揺れは軽減される。

現在一般的なのは「耐震」住宅

免震は工事工程が多く、制震に使われる装置は高価。
ということで、この2つは耐震よりもコストが高め。
これにより、今は耐震構造の家を建てるのが一般的なんだとか。

1891年以降の建物であれば、どの構造を選んでも基本的な安全性はあるそうです。
(法改正により耐震基準が厳しくなったため)
コストも考慮に入れて、自分に合ったものを選びましょう。

うちの耐震、大丈夫?

「1891年よりも前に建てられた家なんだけど、地震対策大丈夫かな?」
「耐震リフォームってできる?」

既に家をお持ちの方で、地震対策をお考えの方。
まずは簡単な耐震チェックをしてみましょう。 
チェック項目を掲載している注文住宅サイト(http://www.bh-seishin.com/)がありますので、是非、確認してみてください。

一般的に耐震リフォームは…
基礎の補強・傷んだ部材の交換・足元や壁、接合部、床面の・屋根材の交換などを行います。建物を強固にし、建物への負担を軽減するために屋根を丈夫で軽量なものへと変えるのです。

土地や家によってリフォームの方法が変わってくるので、一度専門家に相談してみましょう。

検証!注文住宅を藤井寺に建てるなら