藤井寺で注文住宅を建てるなら知っておきたいコストダウンのコツ

大阪や神戸・京都市内のベッドタウンとしても人気がある大阪府藤井寺市。 注文住宅を建てるなら、コストダウンのコツを押さえておきましょう。

藤井寺で注文住宅を建てるときのコストダウンのコツ

 

建物の形はシンプルに

建物の形状をシンプルな箱型にすることで、かなりのコストダウンに期待できます。

床面積が同じでも、コーナーの多い形状では費用が大きく変わってきます。

コーナーに使う材料は、平面に使う材料と比べて、コストがかかるためです。

コストダウンをしたいなら、まずは建物の形をシンプルにすることを検討しましょう。

 

和室に工夫を

洋室と比べると、和室は3割ほど多くコストがかかるとされています。和室も欲しいと考えている方は、思い切って全て洋室にするだけでもかなりのコストカットです。そうは言ってもやっぱり和室も欲しい!という場合は、床の間をなくしたり、クロスを使用したりすることでコストカットできますよ。

 

仕切りを減らす

最近人気のコストダウン方法は、仕切りを減らし部屋数を少なくする方法です。オープンスタイルで広めの部屋を作ることで、開放的な部屋作りができ、コストダウンにも繋げられます。仕切りそのもののコストだけでなく、部屋ごとに必要になる照明なども削減できるため、大きな効果が期待できます。

必要に応じてあとからカーテンやパーテーションなどで仕切ることも可能なため、思い切ってこの方法をとる方が多いようです。

 

コストダウンを考える際に気をつけたいこと

 

こだわりはできるだけ残す

コストダウンも大切ですが、そればかりを考えて満足のいかない家になってしまっては元も子もありません。こだわりを残しつつ、それ以外のところでコストダウンをすることで、満足度も高く低コストの家に近づくことができます。全ての場所にこだわるのではなく、こだわるところは徹底的にこだわり、それ以外はコストダウンするというわけです。

 

耐震にはコストをかける

構造に使われる材料や基礎の部分は、無理をしてコストダウンしない方が良いでしょう。地震大国と言われている日本ですから、耐震性能が高くて困ることはありません。構造上、箱型の方が安定していて耐震性が高いとされています。コストダウンしつつ、耐震性も確保できるため、やはりシンプルな形の家がおすすめです。
検証!注文住宅を藤井寺に建てるなら