失敗しない資金計画

理想の家づくりのために...藤井寺の注文住宅業者を比較!

注文住宅を建てるには、いくら資金が必要なのか、どんな費用がかかるのか、を解説。
資金計画の立て方と注意点を知りたい方は、こちらをお読みください。

Q.家づくりにかかる費用はどのくらい?

A.土地や家のタイプによってさまざま。しっかり見積もりを出してもらいましょう。

単純に家を建てる工事費だけが必要な費用ではありません!注意しましょう!

必要な費用の計算をするとき、忘れてはいけないのが「諸費用」。
土地、建築費用だけでなく、引っ越し代、新調する家具・家電等の費用も忘れず計算に入れるべき。更には、電気工事、ガス工事などの付帯工事費・税金・引っ越し費用が必要になってきます。

諸費用の目安は新築物件で価格の5~10%程度。
ほとんどが現金で必要となります。自己資金の一部としての考慮をお忘れなく。

Q.どのくらいの自己資金が必要?

A.一般的には住宅ローンの頭金に総費用2の割程度以上を用意するとされます。
それプラス、前述の諸費用が必要です。

まずは自己資金の把握が必要です。
貯蓄+贈与(親からなどの贈与がある場合)から、今後の生活に必要なお金を引いた金額。それが家を建てるために使える自己資金。

ただし、病気、ケガ、何が起こるかわかりません。
この不景気ではボーナスに期待できない可能性も。
預貯金として、半年から1年分くらいの生活費を手元に残しておくと安心です。

Q.月々の返済額はどのくらいに設定すればいいの?

A.無理なく返せる金額を、以下を参考に決めましょう。

今の家賃+駐車場代+住宅資金の積立額を基準に考えます。
ここから今後の税金・教育費、将来の修繕費の積み立てをここから引きましょう。

修繕費の目安は月1万円程度が妥当。
そこから、毎月無理なく返せる金額を設定します。あくまでも、無理は禁物です。

検証!注文住宅を藤井寺に建てるなら